福島アトラスプロジェクト

避難と復興状況について市町村それぞれの枠を超えて一冊にまとめる事で、全体をつかんでもらい、住民の方の生活再建の参考にしていただこうと作った原発事故避難12市町村の復興を考えるための地図集です。

事業名:被災12市町村の生活情報発信支援事業
この事業は福島県ふるさとふくしま交流・相談支援事業の補助金により運営しております。

 

対象市町村: 飯舘村、川俣町、南相馬市、浪江町、
         双葉町、大熊町、富岡町、葛尾村、
         川内村、田村市、楢葉町、広野町

被災12市町村

 

【これまで発行した福島アトラス】

  ■福島アトラス01 2017発行:原発事故避難12市町村の復興を考えるための地図集

  ■福島アトラス02 2018発行:避難社会とその住まいの地図集

  ■福島アトラス03 2018発行:避難12市町村の復興を考える基盤としての環境・歴史地図集

 

福島アトラス01の訂正について