私たちについて

福島住まい・まちづくりネットワークとは?

当NPOは、福島県応急仮設住宅(木造)の計画・設計者及び建設事業者を含んだ建築の専門家を中心に設立された団体です。
主な活動は、以下3つを基軸とした住まい・まちづくりに関する諸活動を通して福島県の震災復興に寄与することを目的としています。

  1. 東日本大震災において地震や津波、原子力災害等の影響を受けた、自治体に対する復興を目指した住まい・まちづくりの支援活動
  2. 生活再建を目指す避難住民に対する支援活動
  3. 福島県内で復興活動に従事する建設設計者・施工者に対しての支援活動

特に福島の復興期の住環境形成の支援活動として、2012年より、今後の住まいに関する仮設住宅へ入居する住民を対象としたアンケート・聞き取り調査や「今後の住まいに関するワークショップ」などの活動を継続しております。

名称 特定非営利活動法人 福島住まい・まちづくりネットワーク
設立 2013年2月6日(2013年7月9日法人格取得)
役員 理事長:
難波 和彦(難波和彦+界工作舎)
理事:
鈴木 浩(福島大学名誉教授)
浦部 智義(日本大学工学部建築学科)
嶋影 健一(建築工房)
八木 佐千子(STUDIO NASCA)
芳賀沼 整(はりゅうウッドスタジオ)
滑田 崇志(はりゅうウッドスタジオ)
監事:
濱尾 博文(エーユーエム構造設計)
職員 12人(2016年5月現在)
拠点 〒963-8035
福島県郡山市希望ヶ丘1番2号
Tel:024-955-6668 Fax:0241-65-1002
※Faxは、はりゅうウッドスタジオ内