ブログ

ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2018日本館へ出展

2016年に制作をスタートした福島アトラス・プロジェクト。
2018年5月26日から11月25日まで開催されるヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展2018日本館に出展が決定いたしました。
展示されるのは昨年発行した「福島アトラス01」と、現在印刷中の「福島アトラス02」および「福島アトラス03」です。

 

VeniceBiennale2018.pdf

 

<福島アトラスとは>
避難と復興状況について市町村それぞれの枠を超えて一冊にまとめる事で、全体をつかんでもらい、住民の方の生活再建の参考にしていただこうと作った原発事故避難12市町村の復興を考えるための地図集です。原発事故避難12市町村の住民の方々に配布しています。

 

<福島アトラス制作チーム>
企画・発行:NPO福島住まい・まちづくりネットワーク
監修:青井哲人(明治大学)+明治大学 建築史・建築論研究室
03統括:篠沢健太(工学院大学)
編集:川尻大介
デザイン:中野デザイン事務所、イスナデザイン
編集協力:東京大学復興デザイン研究体、明治大学
協力:株式会社はりゅうウッドスタジオ、日本大学工学部浦部智義研究室 他